《FP1級》ぽこごまの保険・不動産・お金のこと

金融・不動産、節約・貯蓄の方法等について発信します。

老後に“1億円”必要というのは嘘

こんにちは。

『老後』というと、人によって、まだまだ先のことと考えている方、いよいよ老後が見えてきたぞという方、現在老後真っただ中ですけど何か?という方、さまざまな方がいらっしゃるかと思います。

ですが誰しも、「ゆとりある老後」を送りたいと思っていることには変わりなく、老後にどの程度のお金が必要になるか考えて見たことがある方もいらっしゃるかもしれません。

一方で、その「ゆとりある老後」に関する定義・概念・金額は色んな語り手によってまちまちであることが多く、どれを信じたらいいのか分からないという方もいらっしゃるかと思います。

今日は私なりの「ゆとりある老後」について、かみ砕いて考えて見たいと思います。

1.ゆとりある老後には“1億円必要”説の真実

「ゆとりある老後には“1億円”のお金が必要」。というフレーズを雑誌やネットニュースで目にし、驚いたことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

この数字は、公益財団法人生命保険文化センターが全国の18~69歳の男女約4000人を対象に行ったアンケートに対する回答の平均が約35万円/月であることから算出されています。

厚生労働省が公開した「平成29年度簡易生命表」によれば、日本人の平均寿命は過去最高を更新し、男性は81.09歳、女性が87.26歳となっています。

必要な生活費が約月35万円ということは、1年間なら420万円ということになり、上記年齢はあくまで“平均”年齢ですので、少し長めに見積もって老後の期間を65歳~89歳の25年間とすると、420万×25で1億500万円の生活費が必要にとなる計算というわけです。

要するに月々35万円の生活をするような人であれば、保守的に90歳まで生きるとすると1億円もかかってしまいますよ、ということです。

では本当に月35万円も必要なのでしょうか?内訳は次のとおりと考えられています。

◇ゆとりある老後の生活費(35万円)の内訳

f:id:pokogoma:20180922164504p:plain

これはあくまで、老後に夫婦2人で生活していく前提で、各項目について平均的な金額を算出していったものですので、それぞれの家庭ごとに、そもそも要らない項目や追加すべき項目、各項目ごとの金額の大小はあると思います。

そこで、定年退職金を使ってマンションを購入する前提で、上記平均値に基づき、老後に必要な生活費の見通しを以下のとおり精査してみました。

f:id:pokogoma:20180922171209p:plain

<前提>

定年退職金でマンションを一括購入し固都税のみ支出する前提です。また生活費等の現行もかかっている費用についてはほぼ同額+αを計上し、医療費等は現行はあまりかかっていませんが保守的に平均値を計上しています。

ゆとりある老後の生活費がどの程度かを参考にすることはいいとして、自身のライフスタイルやかなえたい目標によって見積もるべき金額は当然に違ってきますので、現時点での想定で、一度どの程度の生活費がかかるかを計算してみるとおもしろいかと思います。

私の場合、28.7万円×12ヵ月で年間あたり344万円、25年間で約8,600万円となりますので、千万単位で必要額に差がでました。

2.年金との差額

サラリーマン(第2号被保険者)の場合の年金額を見ていきたいと思います。

サラリーマンは老齢基礎年金(満額で78万円)に加えて老齢厚生年金を受け取ることができますが、もらえる年金額はサラリーマンとしての給料が一生涯でどの程度だったかによって決まります。

齢厚生年金部分について、ざっくりともらえる金額を見てみたいと思います。

※以下では、平成15年4月以降にサラリーマンになった方を想定して記載していきます。

◆基本的な考え方

「平均標準報酬額」×「0.005481」×「被保険者としての月数」

被保険者期間中の、月々の給料+ボーナスの総額を平均した月額

【ケース1】22~60歳まで勤続し、38年間の平均年収が600万円(50万/月)

 500,000円×0.005481×456(38年×12ヵ月)=1,249,668円

【ケース2】22~60歳まで勤続し、38年間の平均年収が960万円(80万/月)

 800,000円×0.005481×456(38年×12ヵ月)=1,999,468円

【ケース3】23~30歳まで勤続し、7年間の平均年収が360万円(30万/月)

 300,000円×0.005481×84(7年×12ヵ月)=138,121円

一生涯の平均報酬月額を見積もるのは難しいかもしれませんが、例えば20代の平均年収が400万円程度、30代の平均年収が500万円程度、40代の平均年収が600万円程度、50代の平均年収が700万円程度であったとすると、一生涯の平均年収は大概算で550~600万円程度と見積もることができます。

なお、計算式中にでてくる「0.005481」という数字は、厚生年金額を算出するうえで定められている係数になります。

夫婦2人の老齢基礎年金(概算150万円)と併せると、概算で以下のとおりの年金を受給することができます。

【ケース1】275万円/年→(65~89歳で)6,875万円

【ケース2】350万円/年→(65~89歳で)8,750万円

【ケース3】160万円/年→(65~89歳で)4,000万円

※簡便的に年金にかかる税金は考慮していません。 

3.まとめ

老後に必要なお金について、まずは自分の場合はどの程度になるのか?そして各給与体系や年金制度が継続する前提での試算にはなってしまいますが、どの程度年金を見込むことができるのか?といった点をしっかりと確認することが、“老後への備え”の第一歩となるのではないかと考えています。

備えあれば憂いなしではありますが、やみくもにお金を貯めるのではなく、目標感を持ってライフシミュレーションを行うことで、より納得のいく備えができるのではないでしょうか。

マンション投資や生命保険の営業等でも、ゆとりある老後を送りたいですよね?とったセールストークがよく使われますので、その際にぜひ、こういった考え方でがあったなということを思い出していただければ嬉しいです。

 

↓ポチっと応援のほど、お願いいたします。

にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村

日本生命浜松町クレアタワー(H30/8月竣工)を見てきました/浜松町駅前再開発

f:id:pokogoma:20180918203320j:image

こんにちは。

今年(2018年)8月に竣工した日本生命浜松町クレアタワーにぷらっと立ち寄ってきましたのでご紹介させていただきたいと思います。

日本生命浜松町クレアタワーは、日本生命大林組が東京都港区のJR「浜松町駅」近くに新設したビルで、地下鉄大江戸線浅草線「大門駅」直結となっています。

◇計画概要

名 称:ニッセイ浜松町クレアタワー

所在地:東京都港区浜松町二丁目5番2他(地番)

交 通:「大門」駅直結、「浜松町」駅徒歩2分

規 模:地下3階、地上29階

高 さ:156m

延 床:99,251㎡

竣 工:2018年8月

総貸室:15,700坪

基準階:約790坪

天井高:2,800㎜

設 計:日建設計(実施設計は大林)

施 工:大林・大末・太啓・岩田地崎JV

約800坪の無柱空間は小割り化等も含めて多様な企業のニーズに応えることが可能であり、浜松町から羽田空港へは空港快速を使えば約15分程度で行くことができるというアクセスの良さは魅力かと思います。

山手線や京浜東北線で、品川駅と東京駅まで10分もかからずに到着します。また全国各地への新幹線もサクッと乗ることができるのも魅力です。都営大江戸線浅草線の大門駅からは、都内の広範囲にダイレクトに行くことができる点もメリットといえます。

◇主なテナント(公表されているもの)

オリックス関連企業
日本生命 (自社利用されるようです)
資生堂ジャパン
朝日放送
アイリスオーヤマ
シノケングループ

※先日シノケンの不動産投資セミナーに参加した際に、セミナー終了後の担当者との面談時「(今年の)11月からクレアタワーなんですよ~」とおっしゃっていました。どうやら1フロア(800坪)借りるようです。「資生堂の綺麗な人と知り合いたいですわぁ~」とかなんとか言っていましたので、日生さんならビル単位でのイベントとかやってくれるんじゃないですか!?と適当に答えておきました。

 

↓エントランスのピロティの天高が高いと、ビルとしての重厚感を感じます。
f:id:pokogoma:20180918192040j:image

最大790坪の無柱空間のオフィスフロアや大型カンファレンス、商業施設で構成される最新鋭のハイグレードビルで、ハイブリッド制振構造や72時間の非常用電源設備を採用、中間階機械室を7~8階に設置したりするなど(地下に設置すると水害リスクがある)、万全なBCP(事業継続計画)対策を講じています。

今年は豪雨・台風・地震と災害が続いており、北海道では大規模な停電も起きましたので、企業としてはますますビルとしてのBCP対応力を求めるニーズが高まっていくかとおもいます。


f:id:pokogoma:20180918192437j:image
f:id:pokogoma:20180918192440j:image

生命保険会社は機関投資家としてお客さまから預けられた保険料の資産運用を行いますが、マイナス金利導入以降、従来国債等が主であった各社のポートフォリオの見直しが求められています。

既存ポートフォリオのうち国内債券を外国債券に振り分ける、といった配分見直しが各社の主な対応となりますが、不動産投資についても高利回りを稼げるアセットであることから、これまでの残高削減の流れから一転し、新規投資等によりポートフォリオに占める配分を増やしていこうという動きが出てきています。

日本生命については300本のビルを所有し、三菱地所三井不動産に次ぐデベロッパーとしての存在感が依然としてありますが、今後は他生保についても不動産業界における存在感が増していき、一昔前のようなデベロッパーとしての生命保険会社の機能が戻っていくのではないかと考えてます。(銀行等でも店舗の統廃合、駅前再開発等の動きが出てきているかと思います。)

浜松町駅前再開発

f:id:pokogoma:20180918234648p:plain

クレアタワーは上記図ではB街区に位置しておりますが、浜松町の駅前は一体的な再開発が計画されており、隣接するA街区では南館がすでに着工を開始しています。2020年には現・世界貿易センタービルの解体がスタートし、2025年にはA街区全体が竣工する予定となっています。

 

浜松町に限らず、今後10年間で見えている再開発事業だけでも、東京では数多くの計画がありますので、引き続き注視していきたいと思います。

 

↓よろしければポチっと応援のほど、お願いいたします。

にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村

渋谷ストリーム/渋谷駅前再開発

f:id:pokogoma:20180917141705j:image

f:id:pokogoma:20180917141714j:image

今月9月13日に開業した渋谷ストリームにぷらっと立ち寄ってきましたので概要を纏めたいと思います。

これまでも本再開発に関するリリース等で外観のイメージパースは見たことがありましたが、実際にビル外観を見てみると、如何にもクリエイティブな人が集まっていそうな作りでした。

以下にご覧のとおり、渋谷駅前では大規模再開発が順次進行しており、東急グループが手掛ける渋谷駅前再開発として、2012年に開業済の渋谷ヒカリエに続き、渋谷ストリームは注目の大型再開発プロジェクトとなっています。

◇渋谷駅周辺の再開発/配置図

f:id:pokogoma:20180917173908p:plain

渋谷スクランブルスクエア、道玄坂一丁目駅前地区、渋谷駅桜丘口地区といった整備が完了すれば、渋谷駅前の風景は大きく変わることになろうかと思います。

 

 ↓ちなみに渋谷ヒカリエ(2012年竣工)はこちら。

こちらはおいしい飲食店が結構入っていて、恵比寿でルームシェアしていた時はヒカリエにはちょくちょくお世話になっていました。渋谷といえば駅から北側のイメージが強いですが、こうした再開発が続くことにより、南口方面へ人の流れが増えていくことかもしれません。
f:id:pokogoma:20180917141836j:image

 

◇渋谷ストリームの概要

事業者:東京急行電鉄㈱ほか
所在地: 東京都渋谷区渋谷三丁目21番 外
用 途:事務所、店舗、ホテル、ホール、駐車場等
延 床: 約116,700㎡
階 数:地上35階/地下4階
高 さ:約180m
設 計:㈱東急設計コンサルタント
施 工:JV(東急建設㈱・㈱大林組

「渋谷ストリーム」は商業フロア、渋谷ストリームエクセルホテル東急、オフィスフロアで構成されており、上記配置図からも見て取れるかと思いますが、渋谷川沿いを一体的に整備しており、都会のなかでも自然を取り入れつつ一体的に整備を行っています。

約900坪の商業施設のほか、最大収容人数約700名規模のホール、12室を備えた渋谷最大級(約330坪)のカンファレンス、昨今の最新鋭のビルにはよくありますが、さまざまなプログラムや企業とのコラボレーションの機会を提供するインキュベーション施設等も備えています。

渋谷川沿い整備の様子。市街地再開発事業においては、周辺地域への貢献要素が評価され、再開発ビルとしての容積率の割増し(=法律上の決まりより高い建物が建てられる)を受けることがよくあります。

f:id:pokogoma:20180917141721j:image

川の両サイドから水が流れる「壁泉」。高度処理された再生水を放水しているとのことで、川沿いには風が吹き抜けており、渋谷ストリーム前の広場や遊歩道は夏場等は特に涼しげなスポットとなり注目を集めそうです。

私は個人的にはそこまで気にならなかったのですが「川のにおいが気になる」といった意見もあるようで、渋谷のような大都会の課題の一つである、“におい問題”がこちらでも浮上しているようです。

さらに、旧東横線線路跡地を整備した遊歩道は、今回同時に開業したもう1つの複合施設「渋谷ブリッジ」へと通じており、渋谷と代官山方面を結ぶ新たなルートとなります。

渋谷ストリームの14階以上のオフィスフロアには、グーグル日本法人が本社機能を置くことでも注目を集めています。渋谷ヒカリエにはDeNAが入居しており、また渋谷スクランブルスクエア(2019年9月竣工予定)にはバチェラーで有名なサイバーエージェントミクシィの入居が決定しているなど、IT企業が集積する予定です。

この再開発ビルの狙いの1つとして「新たな人の流れをつくる」ことがありますが、こうしたIT企業の集積により生まれるイノベーション、あらたな価値創造も大きなコンセプトの一つのようです。

飲食店などが並ぶ2階の通路は、かつての東横線渋谷駅の「かまぼこ屋根」をモチーフとしたデザインの通路で渋谷駅と結ばれており、これまで道路によって隔てられたイメージの強かった駅南側への新たなアクセスとなります。

◇商業フロア。各店舗ニューオープンということで胡蝶蘭が店外に飾られておりました。
f:id:pokogoma:20180917141729j:image

比較的天高が低く、竣工間もなく人が多かったこともあって、少しごみごみした印象だなぁと感じました。
f:id:pokogoma:20180917141731j:image
f:id:pokogoma:20180917141708j:image
f:id:pokogoma:20180917141711j:image

f:id:pokogoma:20180917141834j:image
f:id:pokogoma:20180917141737j:image

オフィスエントランスへと続くエスカレーター
f:id:pokogoma:20180917141724j:image
商業フロアへと続くスペース。内観は現代的な印象の作りこみとなっていました。外気が触れる仕様ですので、夏場・冬場はしんどいかもしれません。
f:id:pokogoma:20180917141727j:image
f:id:pokogoma:20180917141741j:image

いかがでしたでしょうか。

これまでは北側の印象が強かった渋谷ですが、渋谷ヒカリエの竣工で若者の人の流れが少し変わり、今回の渋谷ストリームの竣工により渋谷川沿いが整備されたことで、周辺の回遊性の向上し、渋谷駅南側の利便性はさらに高まっていくのではないかと思います。

かつて、渋谷と恵比寿の間に住んでいたことがあり、渋谷南側(恵比寿北側)の辺りは大都市の周辺にも関わらず、意外と人通りも少ないエリアがあったりしたのですが、今後の再開発によっては、さらに南側への人の流れが生まれ、街の雰囲気にも影響があるかと思います。

引き続き、渋谷駅周辺の再開発には注視し続けていきたいと思います。

  

↓よろしければポチっと応援のほど、お願いいたします。

にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村

【シノケン】不動産投資セミナーと個別面談でお小遣い(15000円)稼ぎ

こんにちは。

ポイントサイトのハピタスを通じて、シノケングループが主催する不動産投資セミナーと個別面談面談に参加してきましたので、その概要等を記事にさせていただきたいと思います。

今回のポイント案件はハピタスの中でも比較的高額である15,000円分のポイントが付与される案件で、内容は不動産投資に関するセミナーへの参加かつ先方担当者との面談をこなすだけですので、非常にコストパフォーマンスが高いものとなっています。

所要時間は、セミナー1時間と面談1時間でおよそ2時間程度ですので、時給換算すると約7500円となります。よほどの高給取りの方以外の方は、参加される価値があるのではないかと思います。

※ちなみに、ハピタスは同じ案件であっても、設定されるポイントが時期によって異なりますのでお含みおきください。

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

1.不動産投資セミナーについて 

冒頭、パワーポイントを使ったセミナーが1時間ほど行われます。内容としては、一般的な不動産投資についての説明というより、シノケンにスポットをあてた説明が主となっており、シノケングループのこれまでの実績や会社概要に関する説明、およびシノケンが取り扱う物件のエリアや立地・賃料水準の考え方等について説明がありました。

シノケングループ佐々木蔵之介さんのCM等でもご存知の方も多いかと思いますが、設計施工管理をワンストップで行う不動産会社で、「100万の自己資金から2億円の資産形成」という謳い文句で、どちらかというと区分マンションではなく、アパート経営による資産形成を提供するサービスが主となっています。

これまでも新聞やテレビなどでシノケンについては認識しておりましたので、概要を知るには非常に良い機会でした。なお、余談ですが、H30/8月末に竣工した日本生命浜松町クレアタワーの20階に事務所移転をされるそうです。

2.ショールーム見学について

今回のセミナーは東京の大門(浜松町)近くの住友不動産芝大門ビルにて行われましたが、セミナー会場には自社が設計施工する物件のショールームが併設されており、実際にオーナーとなる物件のイメージが持てやすかったのは非常によかったと思います。

↓シノケンの物件イメージです。

f:id:pokogoma:20180916223441j:plain

シノケンでは、直近数か月の周辺相場の成約賃料についてデータリサーチを行い、無理のない賃料水準を設定していることや、物件を駅徒歩10分以内に絞っていること、需要が伸び続けている単身世帯向けの物件をターゲットとしていること、バストイレは別としていること等のこだわりによって高い入居率(約99%)を維持しているようです。

3.担当者との面談について

こういった不動産投資セミナーに参加するとよくあるパターンなのですが、セミナー終了後に無料面談が実施されます。内容としては、具体的な物件に関する提案ではなく、私の属性や不動産投資の目的などの詳細ヒアリングが主で、どのような物件を提案するか、という次のステップへ向けた事前確認のための面談といった感じでした。

面談を行った際に紹介された、シノケンの顧客のなかでアパートを4棟・3億6千万円所有するオーナーの事例では、賃貸収益からローン等のもろもろの経費を差し引いた収益で年間120万円程度という水準でした。

シノケンでは、入居者が退去した際の原状回復費用なども含めて保守的に収支シミュレーションを行うため、実際にオーナーになった際の収支と近いイメージで判断ができるという点はメリットかと思いましたが、個別の物件を見てからでないと判断はできないものの、私がイメージしている収支水準を下回るのかな、といった印象でした。

4.まとめ

シノケングループが提案する資産運用は、物件の選定等から見ても“手堅い”ものという印象です。区分所有マンションでは、フルローンの投資においては特に東京圏などではキャッシュフローがマイナスになってしまうものも多い環境下ですが、一棟アパートということで相対的にはキャッシュフローが見込めるかと思います。

一方で、どうしても一棟ものとなると扱う物件価格が高くなりがちですので、結婚されている方などは家族の理解が得られるかというのも重要な要素になってくると思います。(我が家は到底無理だと思います。)

なお、面談については丁寧で特に押し売りというような印象はありませんでしたので、不動産投資に興味のある方は、お小遣い稼ぎもかねて一度セミナーへの参加を検討してみてはいかがでしょうか。

今回私は、セミナーへの参加+面談完了でもポイント獲得できたのですが、個人的な興味から具体的な物件での提案をお願いしましたので、別途内容についてはご紹介させていただきます。

↓ハピタスへの登録がまだでしたら、こちらからどうぞ(リンクからの登録で30Pもらえます!)

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

 この記事を読まれた方が、少しでも参考になれば幸いです。 

↓よろしければポチっと応援のほど、お願いいたします。

にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村

【ふるさと納税見直し】規制強化による返礼率の改悪( 2019/4)

非常に残念なお知らせがありました。

各種メディアで取り上げられておりましたので、ご覧になられた方も多いかと思いますが、総務省から本日、ふるさと納税制度の抜本的な見直しを検討することが発表されました。

ただ、何も今に始まった話ではなく、これまでも高額な返礼品については問題視されており、何度か自治体あてに、寄付金に対する自治体の返礼品の額の割合が3割以下になるよう要請されてきておりました。ただし、これまでの要請については特段拘束力はなく、自治体によっては依然として高額な返礼品が出されており、納税額の半額(5割)の旅行券や商品券をお礼の品とするなど、明らかに基準を超えるものが散見されていたのです。

今回の規制では、寄付額の30%を超えるような高額品や地元産以外の物品については税制特例の対象外とする方針とのことであり、私のような一般人からしてみれば、同じ寄付金額でも高額で魅力的な返礼品を扱っている自治体は神様のような存在であり、はっきり言って制度の改悪となってしまいました、、(頭のいい人たちはもっと高次元の議論をされているのかと思いますが、、)。

なお、施行は2019年4月を予定しているようですので、ひとまず今年のふるさと納税については影響がないかと思います。(来年も1~3月はOKか?)

制度開始から10年が経過し、納税額も非常に順調に伸びてきた中でのこの規制は、今後の適用件数の押し下げ要因となるかと思いますが、仮に30%以下の返礼品であってもまだまだお得であることに変わりはないため、引き続き個人的には利用していきたいと思います。

↓適用者数、納税額の推移は以下のとおりです。

f:id:pokogoma:20180911224147p:plain

ご参考までに、まだ納税限度額まで枠を残しておりますが、私の9月時点でのふるさと納税の状況は以下のとおりです。

f:id:pokogoma:20180911224747p:plain

上記ふるさと納税の商品については、比較的返礼率が高いものばかりですので、ルール変更後はほとんどのもので対象外ということになるかもしれません。エビスビールは地元のものではないため確実に対象外となるでしょうし、泉佐野市のステーキなんかも返礼率から考えて明らかに対象外となるのではないかと思います。

ちなみに、このステーキは脂がのっていて最高においしく、おまけでついていた黒毛和牛ハンバーグも非常にクオリティの高いものかつ焼く必要のないチルドのタイプで非常に重宝しましたので、取扱いが無くならないうちに再納税したいと思います。

↓ちなみに泉佐野のステーキはこのようなイメージです。

f:id:pokogoma:20180911225544j:plain

 

このままでは、実際の規制が施行される前に、各自治体が総務省の動きを受けて自粛していく可能性もありますので、残りの納税可能額について、ラストスパートをかけていきたいと思います。なお、ふるさと納税ワンストップ特例という、寄付する自治体が5団体以下であれば、税制特例を受けるうえで確定申告が不要になる便利な制度がありますので、上記の納税先の中から、別の商品あるいは同じものを頼むことになろうかと思います。(上記の表では、宮城県都農町の回し者のような納税額となっておりますが、まったく縁もゆかりもございません。ただただ返礼品の魅力で選んだというだけでございます。)

↓なお、ふるさと納税については楽天の買い回りセールが開催されているときに行うと圧倒的にオトクですので、こちらの記事等も併せてご参照いただければとおもいます。

たった2つのステップでふるさと納税がさらにお得になる方法【自己負担がなくなります】 - 《FP1級》ぽこごまの保険・不動産・お金のこと

この記事をお読みになった方が、少しでも参考になれば幸いです。 

 

↓よろしければ、ポチっと応援のほどお願いいたします。

にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村

自転車保険の加入義務化の潮流について

こんばんは。

久しぶりに保険に関する話をしたいと思います。今日は各自治体で徐々に義務化が進んできている「自転車保険」についてです。自転車保険はその名のとおり、(自動車ではなく)自転車に乗っている時のための保険ですが、ご自身が自転車保険に加入する必要があるか、また自転車保険に加入しているかを把握されていますでしょうか?

私は勤務先が生命保険会社かつ損害保険の代理店ということもあって、保険に関する情報がそれなりに入ってくるため、自身の置かれている状況を把握しておりますが、人によっては何それ?という方もいらっしゃるかもしれません。

自転車保険の概要をまずは把握し、加入する必要があるのかを検討するうえで、少しでも参考になればと思います。

なぜ自転車保険の義務化が進んでいるのか?

昨今、ニュース等でも自転車をめぐる事故については話題になっているかと思います。自転車を運転していて歩行者等にぶつかり、中には、相手方に重度の後遺障害が残るケースで、損害賠償責任が1億円近くという高額の事案も見られます。

万一こういった事故で損害賠償請求を受けた際の備えとして、自転車保険への加入のニーズが高まっているのです。

ケース①

被害者  :52歳女性
後遺障害 :脳外傷による後遺症
損害賠償額:7,908万円
こちらは被害者、加害者とも自転車に乗っていたケースです。道路交通法上では自転車は「軽車両」に当たるため、歩道ではなく車道を走行する必要がありますが、両者歩道を走行していて事故になったものです。自転車同士の接触後に、転倒してバイクにも衝突してしまったため、大きなけがとなってしまいました。

ケース②

被害者  :62歳女性
後遺障害 :寝たきり
損害賠償額:9,500万円

マウンテンバイクで坂を下っていた11歳の少年が、歩行していた女性に気が付かず、正面坂で勢いがついていたこともあり、大きな衝突事故に発展してしまったものです。

このような重大事故を起こしてしまった場合、加害者は未成年ですので当然本人が支払うことはできません。

もちろん、事故を起こさないということが一番ではあるものの、自分の自治体が義務化しているかどうかに関わらず、一度加入を検討しておくべきかと思います。

◇対象エリアは以下の通りです。

f:id:pokogoma:20180910224709p:image

出展:au損保

上記のとおり、加入を義務とする自治体と、加入を努力義務とする自治体に分けられております。義務化は自転車保険に加入することを義務とするもの、努力義務化は自転車保険加入に「努めなければならない」とされているものです。

埼玉県と京都府は以前「努力義務」の条例が制定されていましたが、2018年4月に「義務」へと変更されておひ、努力義務から義務へと段階的に引き上げられていく地域もあるようですので、お住まいのルールはどうなっているのか確認してみてください。

◇義務に違反するとどうなるのか?

「義務化」といっても加入していなくても罰せられることはありません。確認したところ、2018年3月時点の情報においては、罰則規定を設けている自治体はありません。
罰則を設けるためには保険に加入しているか確認をしなければなりませんが、条例で義務としている保険には様々なタイプがあり、本当に加入しているのか確認をするのが難しい、というのが理由の1つのようです。

一方「条例」には変わりありませんので、罰則があるなしにかかわらず法令等遵守の観点からも加入が必要ですし、自転車保険の必要性を考えれば最低限の補償でも加入が必要かと思います。

◇自転車保険の保障について

自転車事故では、対人、対物など、事故の相手に対し賠償義務を負うことがもっとも大きなリスクと考えられます。自転車搭乗中にケガを負うリスクもありますが、上記事例のような高額の損害賠償責任を補償するという趣旨からすれば、「個人賠償責任保険」でカバーすることになります。

個人賠償責任については、自転車保険単体ではなく(単体もありますが)、火災保険や自動車保険に特約として付帯することが可能ですので、ご自身の保険に付加されているか、またその補償額は十分か(上記事例のような高額なものでも対応可能か)をこの機会にぜひ確認ください。なお、基本的に保険料は非常に低廉であることが多いです。

なお、火災保険や自動車保険に付帯されている“日常生活賠償責任保険”について、“日常生活”における賠償責任を保障するものであり、“業務中”の自転車事故は補償の対象外となります。(基本的に事業者が使用者責任を問われます)

 

◇ご自身の会社は“施設賠償責任保険”に入っていますか?

通常、事業者は施設所有者として施設賠償責任保険等に加入していることが一般的です。施設賠償責任保険は、万一事故が発生した際に、従業員が業務のために自転車を利用して他人にケガや損害を与えた場合に補償する保険です。

ただし、加入している保険会社の商品によっては、自転車事故時の保障がついていたり、別途特約として付保する必要があったりと、保障内容を確認して条令に対応できているかを把握する必要があります。(私の勤務先ではまさに、自転車事故時の補償としては対象外ということで、特約付保という形で対応しておりました)

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。保険のなかでも特にあまり意識することのない自転車保険ですが、ニーズが高まっている背景や義務化の現状、個人用と業務用の違いなどお分かりいただけたと思います。

保険については、一度加入したら安心という側面もあるのですが、社会や時代の流れに併せて最新情報を確認しておくということも必要かと思います。

少しでも参考になれば幸いです。

 

↓ポチっと応援のほど、お願いいたします。

にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村

梅岡寿司の美登利総本店 ~最高のコスパ~

こんばんは。

今日は私と嫁が通い続けている美登利寿司というお寿司屋さんをご紹介させていただきたいと思います。もはやこのブログのテーマと何の関係があるのか微妙な内容ではありますが、そんななかでもご紹介したくなるほど、めちゃくちゃオススメなお店ということでご理解いただければと思います。あるいは、お寿司を愛してやまない人にとって、低価格で最高のお寿司をいただける、という意味では“節約”になるかと思いますので、節約術の1つとしてご覧いただければと思います。

私は石川県の金沢出身で、昔から寿司を好んで食べてきました。高級なお寿司より、リーズナブルでおいしい寿司屋が好きで、ちょこちょこ色んな寿司屋に行ってきましたが、中でもこの美登利寿司はこれまでの人生で最強のコスパだと思います。

金沢であれば、まいもん寿司や寿司食いねぇなどの回転寿司、北海道であればトリトンの回転寿司などが比較的コスパが高くて個人的には好きなのですが、それらと比較しても、美登利寿司のコスパは圧倒的に高いと思います。

美登利寿司は東京では、梅丘、渋谷、銀座、玉川、赤坂、吉祥寺、池袋、高井戸に店舗があり、日本橋にも新しくオープンを予定しています。名古屋にも一店舗あるようですが、残念ながら関西圏には店舗がないようです。

ちなみに私がいつも食べているのが、こちらの特上握りです。

↓特上握り(1600円)

f:id:pokogoma:20180908175053j:image

こちらはミニ茶碗蒸しがついて、この値段です。写真からもお分かりになるかと思いますが、ネタが非常に大きいですので、これで十分お腹がいっぱいになります。むしろ食べきれないくらいです。すべておいしすぎて堪らないのですが、特に中トロとウニはめちゃくちゃクオリティが高いです。あと、お酒のちょっとした一口程度のアテと、味噌汁は無料で提供されますので、ビールを頼んでも2000円ちょっとで済みます。本当に、このようなコスパのいい店で食事をしていると、板前さんを胴上げしたい気持ちになります。

美登利寿司の難点は、非常に人気であるがゆえに、店舗によっては信じられないくらい順番待ちをするという点です。私は自宅からのアクセスがいい銀座店をよく利用するのですが、銀座店は週末になると100組近くの順番待ちが発生します。

ですので、混み合う店舗については、店舗に行ってから順番待ちをするのは現実的ではなく、EPARKの予約システムで事前に順番待ちの登録を行い、順番が近づいてきたら店舗に向かうのが良いと思います。

この順番待ちの登録のタイミングがなかなか難しいのですが、各店舗の順番待ちの状況をホームページから確認できますので、適宜状況を確認しながら順番待ちの登録をなされるのがいいかと思います。実際に、先日土曜に銀座店で16時半時点で60組目に順番待ちを行い、入店は19時前くらいでした。

イメージとしては、週末は順番待ちの組数がかなり多くなりがちなので早めに、平日は週末と比較するとそこまで順番待ちが多くありませんので少し遅めがいいかと思います。ちなみに、順番が回ってきて呼び出しを受けてから30分経過するとキャンセル扱いになりますのでご注意ください。

↓美登利寿司の公式ホームページ

梅丘寿司の美登利総本店

東京圏にお住まいの方でお寿司にコスパを求める方は是非ご利用ください。東京に旅行に来られる方も、不意にお寿司が食べたくなった際には、是非一度試してみていただき、感動を味わっていただければと思います。

ちなみに、店員からは勧められることは無いので最近まで知らなかったのですが、美登利寿司で使用できるポイントカードありますので、たくさん通う方は申出れば対応いただけるかと思いますのでお含みおきください。

↓よろしければ、ポチっと応援のほど、お願いいたします。

にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村