《FP1級》ぽこごまの保険・不動産・お金のこと

金融・不動産、節約・貯蓄の方法等について発信します。

【財布不要論】現金払いとクレジットカード払いについて ~iDのススメ~

キャッシュレス化が進んできており、大きい買い物の時にクレジットカードを使用するという使用方法に加えて、コンビニやスーパーなどの支払いにおいても交通系ICカード(Suica等)や楽天edy、iD等を使用する方が増えてきているかと思います。

一方でいまだに現金主義の方や、現金払いやクレジット払いについて意識せずになんとなく支払いを済ませている方もいらっしゃるかと思います。

今日は、中でもiDによるクレジット払いを習慣化させることで非常に多くのメリットがあることをご紹介させていただきたいと思います。

1.iDとは

三井住友カードと提携しており、コンビニ等を始めとして利用可能な店舗を爆発的に広がっているキャッシュレスによるクレジット払いのサービスです。こちらを利用することによって、現金を持たずに「おサイフケータイ」だけでコンビニに出かけることが可能となります。

私は、iPhoneのApplePayに「Suica」と「iD(三井住友カード)」を登録しており、以前に、通勤時に財布を忘れたのですが、電車もコンビニの支払いもすべてケータイで完結するため、家に帰ってくるまで財布が無かったことに気づかなかったことがありました。

iDは後払い式の電子マネーのため、最終的にクレジットカードの請求と一緒に支払うことになり、利用額に応じてクレジットカードのポイントを貯めることができます。

多くの電子マネープリペイド(前払い式)のため、定期的にチャージをする必要があるということと、万一支払い時に残高不足となってしまった場合にモタモタしてしまうリスクがあります。

一方iDは「後払い式」のためチャージ不要で金額を気にせず、電子マネーが使えます。(クレジットカードの利用限度額の範囲で使えます)

また、iDはクレジットカードとの結びつきが深いため、「クレジットカードの紛失・盗難補償」が受けられます。例えば、もし不正利用の被害にあっても、不正な利用が起こる前までさかのぼって、被害額を補償してくれます。

<利用可能店舗イメージ>

f:id:pokogoma:20180715131504p:plain

※iDでの一回での支払い可能金額には店舗ごとに一定の上限が設定されているようなのですが、1万円以下の支払いではほとんどの場合、対象店舗においてはスムーズに手続きが可能です。

2.時間的・経済的メリット

<時間的メリット>

私の場合ですと、主にコンビニでの支払い時にiDを利用することが多いです。みなさんは、コンビニ等でレジに非常に多くの人が並んでいる際に、小銭をジャラジャラと探してモタモタしている人にイラっとしたことはありませんか?

キャッシュレスでの支払いのメリットの1つとして、そういった準備が一切不要であるため、支払い時の決済スピードがあがることが挙げられるとおもいます。

また前述のとおり、iDによる支払いは事前チャージが不要ですので、クレジットの上限を高めに設定しておけば、何のストレスもなくコンビニでの支払い時にスムーズに決済ができます。

<経済的メリット>

私は毎月コンビニだけでも2万円程度の出費があり、これを現金払いではなくクレジット払いにすることで、少なからずポイントの恩恵を受けています。

クレジットカードの種類によっても当然付与されるポイントは異なってきますが、2万円の支払いに対してワールドポイントあが20ポイント付与(100円相当)されますので、年間でみると1200円違ってきます。

他にも、日常生活における様々な出費(外食費・光熱水費・ネット代等々)をクレジット払いで済ませるようにし、仮に現金からクレジット払いへ切り替えた費用が20万円/月だとすると、毎月200ポイント、年間では2400ポイント(12000円)変わってきますので、バカになりません。

これが、現金→クレジットへの切り替えにあたって色んな手間がかかるのであればそれほど大きなメリットではないのかもしれませんが、煩わしいことは何もなく、意識と習慣を変えるだけで享受できるメリットであるという点が非常に大きいポイントかと思います。

後払い式電子マネーのデメリットをあえてあげるとすれば、電子決済によってお金を使っている感覚があまりないことによる「使いすぎリスク」といった程度かと思います。

3.まとめ

いかがでしたでしょうか。

日常生活のなかで、意識と習慣を変えるだけで、より日常生活が豊かになるというところは、非常に魅力的であるといえるのではないでしょうか。

これからはキャッシュレスがより浸透してより対象店舗が拡大されたり、キャッシュレスが使えないなんてありえない、といった時代がもしかしたらくるのかもしれません。

もっと言えば、カードや携帯すらいらず、各人を識別するセンサーのようなもので手ぶらで買い物ができる時代が来る可能性もあると思います。

より便利になる世の中で、古いやり方にとらわれずにしっかりと時代の流れについていきたいと思った今日この頃です。

この記事をお読みになった方が、少しでも有益であると感じていただければうれしいです。

以上

↓ポチっと応援のほど、お願いいたします。

にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村

 

スーパーフライヤーズカード(SFC)の価値を数値化してみる。【取得費用と経済メリット】

飛行機を使って定期的に旅行する人や仕事の都合で飛行機を使った出張などが定期的にある人は一定程度いらっしゃるかと思います。

毎回の旅行を格別にお得・便利なものにしてくれる“スーパーフライヤーズカード(通称:SFC)”について、その魅力や取得方法、カードを作ることによる経済メリットなどをご紹介させていただきたいと思います。

1.スーパーフライヤーズカード(SFC)とは?

スーパーフライヤーズカードというのは、航空会社であるANAの上級会員(飛行機に乗りまくった人)が申込むことができるクレジットカードの一種です。

ANAでマイレージクラブ会員に登録すると、飛行機に乗れば乗るほどマイルがたまっていくのはご存知かもしれませんが、マイルのほか、プレミアムポイント(PP)というものが実は蓄積されています。

このPPは金銭に変えたり、ポイントを使ってどうこうという性質のものではなく、このPP数に応じて、以下のようにランクが区分されるものです。

そしてスーパーフライヤーズカードを作成する資格があるのはプラチナ会員以上と決まっています。

 30,000PP~ ブロンズ会員
 50,000PP~ プラチナ会員【SFC】
 100,000PP~ ダイアモンド会員【SFC】

では、どの程度のフライトでどの程度PPが貯まるのか?というところですが、羽田⇒那覇のプレミアムクラス(シートが広くて高額なやつ)に搭乗した場合、往復でもらえるプレミアムポイントは約6700です。つまり5万PPに到達するためには、約8往復が必要な計算になります。これは何も工夫をしないと、航空券代で80万円ほどかかるという計算になります。(工夫によっては50万円程度あるいはそれ以下に抑えられます)

時間的にも金銭的にも作成が大変なSFCですが、作成することによるメリットは以下の通りとなっています。そして、長期的に損得計算をすると、時間とお金を掛けて作成してでも得することが分かります。詳細は後述します。

<SFCの主なメリット>

①国際線特典航空券の優先予約

マイルを使って予約できる特典航空券ですが、SFC会員は一般会員より2週間早く予約が可能となりますので、希望の日程をいち早く抑えることができます。また、SFC会員に解放されている枠の数が違う模様です。羽田-ホノルル路線はANA国際線で特典航空券が最も取りにくいですが、一般ではビジネスクラスは2席か解放していないと聞きますが、SFC会員だと4席解放されているようです。

②ANAラウンジの利用

例えば国際線では、ビールやソフトドリンクが飲み放題でおつまみなどの軽食もあり、非常にゆったり過ごすことができます。国際線では早めに空港についてからの待ち時間も長いですが、ラウンジを利用することにより優雅に過ごすことができます。

また、ラウンジ内にはシャワーもありますので、フライト前にさっぱりすることで、到着までリラックスして機内で過ごすことができる点も魅力的です。

f:id:pokogoma:20180711222727p:plain

③搭乗ゲートの優先チェックイン、手荷物の優先受け取り、専用保安検査場

離陸前に、保安検査場の長蛇の列に並んだことはありませんか?SFCでは、専用保安検査場を通過することができ、また搭乗ゲートでも優先案内がありますので、待ち時間なくスイスイ進むことができます。到着後、手荷物がなかなか出てこなく待ちぼうけることが多いかと思うますが、手荷物優先受け取りにより一般会員より早く次の行動に移せます。

④アップグレードポイントの付与

SFC会員になるとPPに応じてアップグレードポイントというものをもらえます。ポイントの種類が色々とありますが、非常にお得なものですので、是非おさえていただければと思います。f:id:pokogoma:20180711223421p:plain

国内線 普通席   → プレミアムクラス 4ポイント
国際線 エコノミー → ビジネス 10ポイント
ANA SKYコインに交換 → 1ポイント=1000SKYコイン(1000円)

つまり、毎年飛行機に乗る人は、無条件で4000円分のポイントをもらえ、活用方法によってはそれ以上の価値が与えられるのです。

⑤家族カードの発行

個人的にはこれがかなり魅力に感じています。 

本人カードがSFCになると、SFC家族カードを発行可能です。つまり、家族はPPうんぬんという世界を介さず、一気にSFC会員になれるのです。カード1枚につき、ANAラウンジは2名が入れますので、本会員と家族カードの2枚があれば4人で入ることができます。

私の親は北陸在住なのですが、兄夫婦が住む札幌に定期的に飛行機で行っていますので、その際にラウンジでビールを飲んでくつろいでもらったり、ストレスフリーな環境での旅行を可能にする家族カードをプレゼントしたいと考えています。

2.スーパーフライヤーズカードの取得方法

SFCを取得するためにはとにかく飛行機に乗りまくる必要があるのですが、日程や行き先、早割りかどうかなどによってかかる費用は大きく変わってきます。

1つの目安として、50,000PPを50万円で取得できたら、優秀とされているようで、1PPあたり10円(PP単価といいます。)というのが目標になってくると言われています。

例えば成田→沖縄(那覇)の旅割75では、7500円程度で1500PPを稼げるものがあり、PP単価としては5円になります。全てこういった便で済ませるというのは困難ですが、全体のなかでPP単価が低いものを一部活用していくことによって、PP単価を下げることができるのです。

ちなみに、このプレミアムポイント(PP)はマイルを使って取る特典航空券でのフライト時にはもらえません。ただし、マイルをスカイコインに変換し、スカイコインで購入した航空券にはPPが付与されます。

そのため、いかに「費用を安く抑えて」SFCを作成するかについて、王道の手順としては以下のマイルを活用したものとなります。

①マイルを貯める

②マイルをANA SKY コインに交換する

ANA SKY コインで航空券を購入する

マイルを爆発的にためていく方法については↓を参照ください。低コストでマイル→ANA SKY コインを利用して持ち出しを少なくしてSFC会員を目指したいという方にとって、陸マイラーとしての活動は必須スキームとなります。

陸マイラーについて - 《FP1級》ぽこごまの保険・不動産・お金のこと

3.取得費用と特典の比較【経済合理性】

年に一回夫婦で海外旅行に行くとする前提で、今後50年間で受けられるメリットをお金に換算してみました。

f:id:pokogoma:20180715105651p:plain

SFCには年会費約1.1万円と取得費用(目標となる50万円で設定。マイル等を活用してもっと抑えることも可能。)がかかるのですが、お金に換算した部分だけでもそれを上回る経済メリットがあることが見て取れます。

なお、実際には旅行のほかに出張で飛行機を使う場合や、年に2回以上飛行機で旅行する場合もあるかと思いますし、その場合は乗れば乗るほどメリットをたくさん享受できることが分かります。

SFC会員になるのが早ければ早いほど、メリットは大きくなります。また今後、グローバル化でますます海外を飛び回る人が増える時代が来るかもしれません。

4.まとめ

いかがでしたでしょうか。飛行機が死ぬほど嫌いという方にとっては、どうでもいい事このうえ無い記事だったかもしれませんが、今後も飛行機に乗る機会があるかたにとっては経済合理性の観点からも検討の余地があるのではないでしょうか。

人生を有意義に生きていくためのツールとして、この機会にぜひ取得を目指されてはいかがかと思う今日この頃です。

この記事をお読みになった方が、少しでも有益であると感じていただければうれしいです。

以上

 

↓ポチっと応援のほど、お願いいたします。

にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村

 

今後の人生にかかる費用をシミュレーションをしてみました。

f:id:pokogoma:20180706220836j:plain

30歳になり、結婚というライフイベントを迎えたことにより、今後の人生をどのように過ごしていくかを考える機会が増えました。

今後定年となる年齢は伸びていくかと思いますが、とりあえず今後30年間の人生について、今の会社の給料や現行の生活水準を前提として、老後に向けてかかる費用のシミュレーションを検討してみました。

◇家族構成

・現状 夫:30歳、妻:25歳 子なし

・将来 夫:60歳、妻:55歳 子1:28歳 子2:25歳 

◆今後30年でかかる費用累計(かなり贅沢Ver)

①生活費:11,600万円

 →月30万円強を計上(絶賛浪費中の現状生活費+αです

②居住費:5,750万円

 →子どもができたら17万円/月程度の物件を借りる予定

③保険料:585万円

 →こどもができたら保険を見直す予定(健康増進型保険)

④教育費:2,300万円

 →1人あたり1000万円+α

⑤旅行費:2,650万円

 →年に一度は家族みんなでハワイ等に行きたい

⑥結婚祝:400万円

 →200万円/人

 合 計:23,285万円

◆老後30年(60~90歳)でかかる費用

ゆとりある老後:12,600万円(35万円/月※×12ヵ月×30年間)

生命保険文化センター平成28年度 生活保障に関する調査」より

 

つまり、現状の緩い財布の紐のまま、外食しまくりの旅行いきまくりの生活を継続し、かつゆとりある老後を求めようと思ったら、大概算ですが生涯で約3億6000万円もの費用がかかることが分かりました。

共働きによって、時間的な余裕がないことや社会へ立ち向かうためのストレス発散費用として外食費や旅行代・娯楽費などがどうしても嵩んでしまっていることが主な要因です。

一方で、共働きを60歳まで継続した場合の将来受給可能な年金額としては、あくまでも現行の年金制度や給与体系が継続する前提ですが、夫婦合算して400万円/年が見込まれます。

仮に90歳時点で死亡すると、65歳以降の25年間で1億円の年金を受給可能となりますので、やはりサラリーマンとして勤めあげることによる厚生年金保険の受給、これによる老後への安心感は非常に強いです。

↓年金の試算はこちらもご参考ください

公的年金はいくらぐらい貰えるのか?【サラリーマン・自営業者・専業主婦(主夫)】 - 《FP1級》ぽこごまの保険・不動産・お金のこと

 

個人的には、今のサラリーマン生活は山あり谷ありではあるものの、基本的には周りの人や環境には大変恵まれていると感じています。一方で、私の会社は所謂転勤族で定期的に人事異動が発生するため、おそらく今後厳しい環境に身を置く期間もあることと思います。(今となっては良い思い出ですが、入社1年目はパワハラ上司に仕えており、毎日タバコの煙を浴びせられながら1時間説教される日々でした笑)

老齢厚生年金を多く受給するためには勤続年数が長いことが非常に重要となりますが、1度しかない人生ですので、今の会社で働く意義を見出せなくなった時に、将来もらえる年金が減ってしまうから、、、という理由で働くというのは選択しえないと思っています。

家族の大黒柱として、家族の人生で生涯必要となるお金についてはしっかりと責任を負いながら、稼ぐための手段については代替案を常に模索しつつ、人生に色んな選択肢を持たせていきたいと感じる今日この頃でした。

とりとめもない内容になってしまいましたが、この記事をお読みになった方が、少しでもライフプランを考えるうえで参考になればうれしいです。

以上

↓ポチっと応援のほど、お願いいたします。

にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村

【確定拠出年金】4つのルールを知っておくだけで、お金を増やせる

f:id:pokogoma:20180603130921j:plain

以前より、本ブログでも確定拠出年金の魅力についてはご紹介させていただいてきましたが、いざ確定拠出年金を始めようとすると、どのように進めていいのか迷ってしまうこともあろうかと思います。

↓<ご参考>確定拠出年金の概要・iDeCo等について

 iDeCo:確定拠出年金(401k)のメリットとデメリット - 《FP1級》ぽこごまの保険・不動産・お金のこと 

↓<ご参考>企業型確定拠出年金について

よく分からないまま「企業型確定拠出年金」の手続きをした方へ - 《FP1級》ぽこごまの保険・不動産・お金のこと

投資・資産運用というと難しいイメージがありますが、4つのルールを守るだけで、儲ける確率は格段に高くなります。※なお、確定拠出年金は所得控除による節税効果がありますので、仮に運用がうまくいかなかったとしても節税分を加味するとプラスになることがあります。

1.【ルール1、2】長期運用、投資対象の分散

1980年から、日本株・日本債権・外国株・外国債券という代表的な4つの資産に25%ずつ、毎月2万円を積み立て投資していった結果を円換算すると、2015年末までの36年間の累計投資額は約864万円なのに対し、資産は2759万円と約3.2倍になるというシミュレーション結果があります。

拠出した掛金に対する利回り換算では年率5.6%という水準となっています。

確定拠出年金は大半の企業がこうした4資産で運用できる投資信託や、1本購入するとこうした対象に分散投資ができるバランス型の投信を商品ラインナップに入れています。

どの運用商品が上がるかを予想せずとも、長い期間をかけて積み立てていくことにより、このような成果を得られたことになるのです。

◆たまたま運用時期がよかっただけなのでは?

という疑問も出ると思いますが、当然ながら運用開始時期により運用実績は変わってきます。例えばバブル崩壊後の1990年から同じ方式で計算すると、資産額は累計投資額の約2倍強となります。

先ほどの試算よりも運用実績は劣ることとなりますが、それでも年間の運用利回りは5.1%という水準です。

長期的な運用を行うことにより、経済成長という大きな流れにお金を投じていくことが可能なのです。また長期的な運用にあたっては、リスクを抑えながら着実なリターンを積み重ねていくことが肝要です。

そこで、値動きの異なる商品に分けて投資することで、リスクを分散することによって、資産全体のリスクを軽減することができ、安定したリターンを得られる可能性が高くなります。

2.【ルール3】買う時期の分散

株や債券の投資では、価格が上下しながら緩やかに長期的に価値が増えていくということが見込まれます。買う時期が集中した場合には、短期目線で下落局面と重なってしまった場合には、含み損となるリスクが高くなります。

一方で買う時期を分散することにより、下落局面では取得単価を引き下げる効果がありますので、長期的にみるとリスクを低減することが可能なのです。

3.【ルール4】低コスト

 老後に向けた資産形成においては、時間が長いだけに、選んだ商品にかかるコストが運用成績に大きな影響を及ぼします。投資信託については、保有している期間について、毎日一定の手数料(=運用管理費用)を差し引かれるのです。

では確定拠出年金ではどうかというと、同じ投資信託であっても確定拠出年金向けに信託報酬を低くしていることがよくあります。

つまり、確定拠出年金は、商品のコストが低いという点でも普通に投資するよりも有利な環境なのです。投資信託の報酬で2%近いものがある一方で、確定拠出年金だと0.5%未満に抑えるような品ぞろえをしているケースもあります。

◆毎年3%で毎月2万円を35年運用(総投資840万円)した場合でそれぞれ見ると、

①信託報酬が2%の場合

→35年後:1005万円

②信託報酬が0.5%の場合

→35年後:1340万円

と大きな違いが生まれます。短期的に見ると数%のコストの違いと思われるかもしれませんが、長期的にみると運用成果に大きい影響を持つファクターとなりますので、軽視することはできません。

なお、商品によって信託報酬が0.25%というかなり低廉な水準で投資可能なラインナップをそろえる企業もあります。

4.まとめ

いかがでしたでしょうか。

確定拠出年金の制度は魅力的であることを理解しているものの、資産運用というとどうしても抵抗があったり、どのように投資対象を選んでいいのか分からないということも多いかと思います。

ですが、ご紹介させていただいた4つのルール、①長期運用②投資対象の分散③時期の分散④低コストを守るだけで、リスクを低くコントロールしながら老後資金を形成していくことができます。

確定拠出年金は所得控除による節税効果だけでも魅力的な商品なのですが、せっかくですので、老後に向けてより効率的に資産形成を行っていきたいものです。

何を基準に考えたらいいのか検討がつかない、といった方は是非参考にしていただければと思います。

 

この記事をお読みになった方にとって、少しでも有益であると感じていただけたら嬉しいです。 

↓少しでも参考になりましたら、ポチっとお願いいたします。

にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村

 

【オーマイガー!】まさかのクレジットカード審査落ち/信用情報開示(CIC)

f:id:pokogoma:20180704232819j:plain

「ビーチリゾートへの旅行」は私の数少ない趣味の1つです。

東京在住の私は近くに綺麗な海がないため、綺麗なビーチに旅行するためには、飛行機などで遠出をし、かつ纏まった休みを取る必要があります。

毎年できるだけオトクに旅行するための1つの手段として「マイルを使う」という王道の方法を計画しており、そんな中で「陸マイラー※」という世界があることを知りました。※旅行ではなく日常の中でせっせとマイルをためるもの

マイルをたくさん貯めるうえで必需品のクレジットカードであるソラチカカードの発行を試みたのですが、申込後、なんと審査落ちのメールを受領しました。。。涙

今日は恥ずかしながら私がクレジットカードの審査に落ちてしまった理由などをご紹介させていただきたいと思います。

1.ANA ToMeCARD PASMO(通称:ソラチカカード)への申込み

今後のビーチリゾート旅行をより経済的に行うべく、胸を躍らせながらソラチカカードへの申込手続きを行ったのですが、申込みが完了した旨のメールをJCBから受領後、およそ7分後に、次の審査落ちメールが送られてきました。

「ぽこごま様:このたびは「 ANA ToMeCARD PASMO 」にお申し込みくださり誠にありがとうございます。ご入会手続きの結果、誠に申し訳ありませんが、今回はご意向にそえないこととなりました。何とぞご了承賜りますようお願い申しあげます。」

カード申込完了から7分という非常に速いタイミングで上記の審査落ちメールが送られてきており、あまりのスピーディさに、おそらく一定の与信審査のフィルタに引っかかる不安要素が私にあったのだと考えました。

そこで色々と調べてみると、クレジットカードの審査に落ちる理由として、次のような要素が多いとのことでした。

①クレジットカードの多重申込み

②低年収など属性の低さ

③多額の借り入れがある

④過大なキャッシング枠

⑤支払延滞等のクレジットヒストリ

この時、複数枚のクレジットカードを同時申込みしていたため、初めは①に該当して審査落ちとなったのかと思っていましたが、よくよく考えて見ると、審査落ちの結果がでるまでのスピード等を考えるとどうも腑に落ちなかった点もあったため、CICにて信用情報の開示を行うこととしました。

2.信用情報開示(CIC

CICでの開示はインターネット等で簡単に手続きすることができ、個人の信用情報をPDFなどのデータに落としたもの即座に確認することが出来ます。ちなみに、開示にかかる費用は1000円です。

↓サイトはこちら

情報開示とは|指定信用情報機関のCIC

◆開示結果◆

早速CICを通じて調べてみたところ、平成26年に約4か月間の支払延滞の情報があることが判明しました。

情報開示を見て思い出してみると、そういえば昔、メインのクレジットカードを上限まで使用しており、手持ちの現金もなかった時に、普段は全く使わないライフカードで数百円のクレジット払いを行ったことがありました。

そのライフカードは学生の時に使っていた別の口座(現在預金ゼロ)からの引き落としの設定となっていたため、引き落としができなかったのです。

そして支払請求が自宅に来ていたのに気づかず、約4か月ほど数百円の支払いを延滞してしまっていたことを今回の情報開示で思出し、原因が明らかになりました。

CIC開示報告の見方

https://www.cic.co.jp/mydata/report/documents/kaijimikata-2.pdf

3.信用回復までの期間

私は現在、異動情報(支払延滞)がある状況ですので、クレジットカードを作れる可能性は限りなくひくいです。

再度クレジットカードが作れる状態になるまでは、延滞していた支払いを完済し、それから5年間経過以降であると言われております。(私はH26/2に完済していた模様)

また、一度クレジットカードの審査に落ちてしまうと、審査落ちの情報も信用情報機関に登録されることとなるため、以降半年間はクレジットカードが作れないと言われております。

不幸中の幸いというところですが、H31/3以降?からクレジットカードの異動情報が消えることが見込まれますので、その時にまたチャレンジしてみたいと思います。。。

4.まとめ

いかがでしたでしょうか。

きっちりされている方にとっては全く無縁の話だったかもしれませんが、私の場合は、カードの状況やクレジットの支払い状況をしっかり管理していなかったことから、このようにクレジットカードの審査に影響を及ぼしてしまいました。

一度信用情報の傷がついたり、審査に落ちてしまうと、長期間クレジットカードを発行できなくなってしまうことから、いざという時に非常に困ってしまいます。

ご自身の信用情報が気になるという方、審査落ちたものの原因不明で困っている方などは、信用情報の開示を行ってみることをオススメいたします。

 

この記事をお読みになった方が、少しでも有益であると感じていただけたら嬉しいです。

※意気揚々とマイルの蓄積に向けて、準備を進めておりましたが、今年1年間はハピタスポイントをたくさん貯めて、マイル返還に向けた事前準備を進めることに専念したいと思います。

↓<ご参考>陸マイラーとは

陸マイラーについて - 《FP1級》ぽこごまの保険・不動産・お金のこと 

↓ポチっと応援をお願いいたします。

にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村

 

賃貸マンションを退去する時に敷金をきっちり返してもらう方法【不動産管理会社とのバトル】

f:id:pokogoma:20180706220836j:plain

昨日に引き続き、バトルシリーズです。

今回は不動産管理会社vsぽこごまです。

約1年ほど前まで、恵比寿の2LDKの賃貸マンションを友達とルームシェアをしており、2年経過した更新期にシェアを解消したのですが、その際に原状回復費用と敷金精算の件で、管理会社と非常に揉めました。

原状回復をめぐるトラブルについて、費用の負担を賃貸人がするのか、賃借人がするのかといった区分で問題となるケースは非常に多いかと思います。

いざ退去した際に、想定していたよりも敷金がかえってこなかった、ということにならないよう、ぜひご参考にしていただければと思います。

1.退去の経緯

管理会社と退去日について事前に相談のうえ、土曜日(管理会社営業日)に行うことが決定。ただし、土曜日は管理会社側で所用があるため、立ち合いができないとのことであり、鍵の返却はマンション近くに存する管理会社のポストへ投函するよう指示あり。

②退去日当日、全ての荷物を撤去し、またフローリング等は全面水拭きを実施、特に水回り等については水アカが無いように入念に清掃を実施。

③退去に伴って出た粗大ごみについて、個人でゴミ処理場等で処理すべきか、マンションのごみ置き場においてよいものか、処理方法を現地管理人と相談。

④管理人からは、粗大ごみの回収シールを貼り付けてくれれば、マンションのごみ置き場の指定された場所に置いてよいとの指示あり。後日管理人が回収日にマンションの前に出してくれるとのこと。

⑤室内外、ごみ処理対応を含めて完了し、問題ないことを確認のうえ退去&カギをポストに投函し、管理会社あてその旨メール連絡。

2.トラブルの経緯・争点

<経緯>

①カギのポストへの投函を確認した管理会社から当方へTELあり、「ごみ置いて退去するとは何事か」と怒られる。

②退去時、現地管理人から指示があった経緯等を説明するも激昂して聞き入れてもらえず。とにかくごみが処理されるまでは退去が完了したとは言えないため、敷金の精算はごみ処理完了後に連絡する、とのこと。

③2週間ほど待つも連絡が来ず、管理会社あて状況を確認したところ、退去から1週間後にごみ処理が完了したとのこと。敷金の精算については賃貸人から連絡があり次第追って連絡するとのこと。

④その後、10日ほど経過し解約に伴う精算書を受領。原状回復費として約17万円かかり、預入れている敷金15万円では賄えないため、追加で約2万円支払うよう連絡あり。原状回復内訳としては、クロスの張替え等で約8万円、クリーニング等で約8万円、ごみの管理費として1万円

国交省が規定する「原状回復をめぐるトラブルとガイドライン」に基づき、室内での喫煙が無いためクロス張替えは賃貸人負担が妥当であること、クリーニング費用のうちワックスがけなどグレードアップの要素があるもの、およびごみの管理費用については賃貸人負担が妥当である旨主張。

⑥約2週間ほど折衝した結果、敷金15万円のうち約10万円が返金されることが決定

<争点>

今回の争点としては以下のとおりです。

・入居していた我々は非喫煙者であり、友人などにも室内では喫煙させなかったこと。

・ごみ処理はあくまで管理人の指示によるものであること。

・立ち合いを拒否したのは管理会社の都合であること。

<原則論>

まず、敷金は原則返ってくるものです。入居者が善管注意義務(善良な管理者として使用するということ)を守らない場合、過失がある場合のみ費用がかかるものと理解しておくと良いかと思います。

ただし、実際には過失といっても線引きが難しいのが実情です。例えば内壁のタバコのヤニやけなどがある場合には、クロスの張替えも賃借人負担が妥当との判断がなされているようです。

3.不動産管理会社との実際のやりとり

ご参考までに、精算書(追加支払要請)受領以降の、管理会社との実際のやりとりをご紹介させていただきます。

 以下:〇ぽこごま ◆管理会社

◆賃貸人より解約精算書の見積りが届きましたので、計算書とお送り致しました。

〇原状回復費用について確認しましたが、賃貸人が負担すべきと考えられる費用が当方あて請求されておりますので、ご確認・修正ください。判断の根拠は、国土交通省が定める「原状回復をめぐるトラブルとガイドライン」、および本件賃貸借契約書の条文に基づくものですので、併せてご確認いただきたく存じます。

①張替工事:63,000円 ガイドラインより、室内での喫煙等ないため、賃貸人負担が妥当)
②雑工事:9,400円(①に伴う費用であり、賃貸人負担が妥当)
③「クリーニング工事」のうち、ワックスがけ等にかかる費用:20,000円
④「諸経費」のうち、ハウスクリーニングにかかる費用以外のもの

また、ゴミの管理費用(10,000円)の算出根拠を提示ください。事前の説明を受けておりませんので、支払いいたしかねます。本件、貴方管理人の指示に基づき対応したものであり、費用負担が発生すると事前に分かっていれば、別の手段を取りました。

◆ぽこごま様からのメールの①~③を賃貸人に承諾頂くとして、最終ゴミがなくなるまで、現地管理人さまがどれだけ大変だったか、、、ゴミの管理費用は人を動かすという事の最低料金です。

〇ゴミの管理にお金がかかることを、なぜ事前に説明していただけなかったのでしょうか?当方、引越しの際にレンタカーを借りて、家電等を有料で処理しておりましたので、管理費用がかかるのであれば、当方にて他のゴミと併せて処理することも十分検討しました。当方で処理すれば、1万円もかからずに処理できたかと思います。

◆粗大ごみを本物件に置いていかなくとも移転先で処理処分をする方法もあったと思います。

〇おっしゃるとおりです。ですので、費用がかかるという説明をいただけていればそのような別の手段を取った、と何度も申し上げているのです。後になって、事前説明のない費用を請求するのは、信義則に反すると考えます。

◆引っ越し終了と同時に粗大ごみ等も残らず完了するはずが、引っ越し終了してからあれだけ残ったのは、前以って予約もなく、こちらも聞いていませんでしたし、置いて行かれたという状況と思いますが、それを申し上げている訳です。

〇何度も申し上げておりますが、引越しにあたって貴方管理人に『相談』をした結果、管理人から置いていくように指示を受けたものです。無断でゴミを置いて出たわけではなく、「置いていかれた」という表現は不適切ではないでしょうか。
また「聞いていません」と言われましても、こちらは管理人に相談をしているわけですから、管理人と管理会社との間で、報告・確認が足りなかったのではないでしょうか。繰り返し質問しますが、相談した際、なぜ費用について説明いただけなかったのでしょうか?また1ヶ月の管理共益費が10,000円であるにも関わらず、ごみ処理完了までの管理費用が同額である理由についても説明してください。家賃等、日割精算が一般的な慣習かと存じます。

◆粗大ごみをあの場所に置いた経緯が、管理人の話と食い違いがあります。契約は終了していますから日割計算という問題ではありません、ごみが置かれている期間、管理人様に少なくとも迷惑をかけてしまったとぽこごま様は思いませんか。

〇管理人様には、日ごろより大変お世話なりましたし、また退去時のゴミの件ではお手数をおかけしましたので、心より感謝しております。最後にゴミの件で相談をした際、嫌な顔せず、心優しくご対応いただきました。

〇先ほどお電話をさせていただき、改めて感謝の気持ちとお詫びを申し上げました。次回の賃借物件退去時は、管理人様にご迷惑にならないよう、事前にごみ処理するよう気つけたい、と感じた次第です。

〇管理人様にはご迷惑をおかけする形となり、申し訳ない気持ちがございますが、事前に相談があったことについては管理人様もご認識されており、私が貴方にご説明申し上げているとおりでした。この点を踏まえますと、仮に事前にゴミの管理費が発生する点説明をいただいていれば、当方別の処理方法を取ったことに変わりなく、後になって費用として請求される点については納得できない、という結論を覆すものではありません。

〇私は管理人様に大変感謝しておりますが、事前説明のない費用や賃貸人が負担すべき費用を請求する貴社に、大きい不信感を抱いています。

◆今後どの建物に住まわれても、管理人への感謝の気持ちを忘れずにいてほしいと思います。改めて精算書を送ります。→10万円の返還が決着。

・・・正直、なんだこの謎のハッピーエンド風の決着は、、、と思いました。

最初から請求されるべきでないものを請求され、かつ折衝に時間を取られ、損害金を払ってほしいと思ったくらいです。

4.まとめ

今回のケースでは、そもそも管理会社が立ち合いを放棄しており、ごみの管理については現地管理人の指示通りに対応した結果であるにも関わらず、理不尽に怒鳴りつけられ、しまいには悪質な請求がありました。

おそらく数多くの原状回復を扱っており、賃貸人が負担すべきと考えられる費用についても理解しているはずなのに、賃借人が無知なのをいいことになんでもかんでも請求してくるのです。

原則、敷金は返還されるものと理解し、納得いかない精算であった場合には、国交省ガイドラインを参照されることをオススメいたします。

ちなみに同居人からは「良くやった」という労いの一言こそもらいましたが、敷金はきっちり割り勘としました笑

 

この記事をお読みになった方が、少しでも有益であると感じていただけたら嬉しいです。 

 

↓ポチっと応援をお願いいたします。

にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村

 

 

沖縄挙式(白の教会)&ブライダル会社との挙式前日のバトル ~ホテルオリオンモトブは最高~

f:id:pokogoma:20180704232819j:plainブログの更新を怠ってしまっていましたが、土曜日から3泊4日で沖縄で挙式(日曜)&家族旅行を満喫しておりました。

ご承知のとおり、この土日は台風7号が沖縄を直撃しており、そもそも飛行機自体が飛ばないのではないかと危惧されたのですが、結論としては無事に飛行機は飛び、挙式・パーティともに最高の形で行うことができました。

会場は「白の教会」という沖縄のオーシャンビューが最高な式場で、併設されているホテルオリオンモトブリゾート&スパに宿泊、親族のみで挙式という内容で、結果的には無事に執り行うことができたものの、一生に一度の結婚式で、いろいろと大変だったこともありましたので、参考までにブライダル施設等と併せてご紹介させていただきたいと思います。

↓白の教会

f:id:pokogoma:20180704235919j:plain

【挙式前日:6/30(土)】

・当初飛行機すら飛ばないという懸念もあった中、なんとか台風がのらりくらりと進んでくれたおかげで沖縄までは来ず、現地入りすることができました。

・夕方からのブライダル会社と現地最終打ち合わせを行い、挙式当日の段取り・メイク・ビーチ撮影や挙式・パーティの流れを一通り2~3時間かけて確認し、嫁とさあこれから前夜祭でも始めようかと思ったその時、事件はおきました。

・担当から、「台風が接近しているため、当日は沖縄で14時以降に警報が出る見込みであり、“挙式・パーティ等の時間を前倒し(スライド)する必要がある可能性がある”」とのこと。ブライダル会社側で打ち合わせ後、再度連絡するとのこと。(もともと挙式11時半~、パーティ13ー15時)

・夕飯を食べずに待つこと1時間、担当から電話が入り、明日の挙式は9時スタートに前倒し、パーティは11:30スタートという空き時間が発生することが確定、そのためメイクや撮影等の関係で朝6時に集合してください、とのこと。

・極めつけは、台風の状況によっては「パーティ会場が営業できないかもしれないため中止の可能性もある」とのこと。。。。

・さらに「当日はもう1組挙式予定のカップルがいるが、そちらは台風でも中止にならないホテル内の施設に変更することが決定した。あなた方は、先に予約があったこともあり、当初予定どおりパーティ会場使用いただくことを優先しました。」とのこと。

(もう一組も当初は私たちと同じパーティ会場※昼と夕方前)

パーティ会場が売りの式場であり配慮してくれたのかとは思うものの、あまりに一方的な通知に、夫婦ともども怒り狂いました。ありえない・・・・・。

↓ちなみにパーティ会場(ガーデンルーム)はこちらf:id:pokogoma:20180705204301j:plain

 

<担当とのバトル開始:〇ごまぽこ、◆ブライダル会社>

〇パーティ会場はが台風等の天候の都合で使えなくなることは聞いていない

◆‥‥。

〇ゆっくり昼頃に挙式するプランの前提で、高い結婚式代を払っているのであり、一方的に時間変更(商品内容の変更)を通知されるのは納得いかない。(せめてご相談というスタンスであるべき)

◆申し訳ございません。

式(9ー10時)からパーティ(11時半ー13時半)まで1時間半(当初30分程度)も空き時間があり、間延びする時間をどうするのか。朝5時起き→6時集合は早すぎ&間延びもある。挙式を後ろ倒しできないのか。

◆当日挙式予定の2組とも台風警報の発令前に式を完了するために、やむなく前倒しとしている。朝食対応後にパーティの食事準備に入るため、最短のスケジュールとして設定している。式→パーティまでの間の時間は親族紹介や写真撮影の時間でつぶすことを想定している。

〇なぜ同じ会場で予約している2組のうち、こちらに事前相談も何もなく、もう一方の組が台風直撃時でも挙式等可能な会場を割り当てられるのか。

◆もう1組の方が予約も遅かったため、良かれと思いパーティ会場の使用を優先したもの。

〇こちらとしては万一台風が来ても結婚式ができる会場があるのであれば、そちらに変えるという選択も取り得た。親族も仕事の都合をつけて遠くから来ており、キャンセルとなったらどうしてくれるのか。

◆会場変更を希望されるということなのでしょうか。

〇(この時点で11時頃だったため)今になって会場変更はもう1組にも迷惑がかなりかかるため(むしろ調整しきれないかも)、現実的ではないが、そもそも最初にその案を提示いただけなかったことに不信感を抱いている。

◆勝手な判断で決めてしまい、また、もう1組と調整まで済ませてしまい申し訳ございません。

〇万一台風警報が早まるなど、挙式の時間とバッティングし、われわれが挙式できなくなった場合には結婚式の費用は返してもらえるという理解でいいか。

◆キャンセルとなれば、提供できなかったサービス相当の返金を想定している。

 

といったやり取りを行っていると、挙式前夜に食事できず11時半ごろとなってしましました。幸い、宿泊しているホテルから挙式会場は併設されていたこともあり、そこから就寝準備等を急ぎ当日に備えました。

 

【挙式当日:7/1(日)】

なんとか、天気が持ってくれ台風直前で青空も少し見えるほどでした。

前日おとなしく甘んじて早く寝ておけばよかった笑

当日の写真は以下のとおりです。

↓チャペルより

f:id:pokogoma:20180705211944j:plain

↓チャペル入り口につながる道

f:id:pokogoma:20180705211916j:plain

↓チャペル外の撮影スポット

f:id:pokogoma:20180705211958j:plain

結果として、ビーチでの撮影も含め、直射日光が眩しくて目があけられないほど、奇跡的に台風がたえてくれたおかげで最高の形で挙式・パーティを行うことができました。

パーティで出された食事も最高にグレードも高く、ただただ幸せな時間でした。

 

当初、梅雨明け後かつ台風リスクが相対的に低い時期で沖縄挙式を計画していましたが、やはり天気のことは当日まで分からないものです。特に沖縄の天気は分かりづらく、天気予報もあまりあてになりません。

今後沖縄で挙式をされる方については、そういったリスクがあることも十分に理解し、「当日台風だったらどうなるのか」といった点もブライダル会社と事前に打ち合わせされることを強くオススメいたします。

 

 

 <最後に>

宿泊したホテルオリオンモトブは最高でした。

到着した瞬間にウェルカムドリンク(オリオンビール)でお迎えしてくれ、ロビーはいちぢくの心地よい香りでリゾート感満載。全室オーシャンビューで、雨の日でも窓から見える海は最高にきれいで、部屋も広く、スタッフの対応も最高に良かったです。

↓ロビー

f:id:pokogoma:20180705213409j:plain

↓室内

f:id:pokogoma:20180705212950j:plain

↓お風呂

f:id:pokogoma:20180705212914j:plain

また沖縄に来た際には、ぜひ宿泊したいと感じるホテルです。

沖縄に今後行かれるという方は、是非宿泊してみてください。

 

↓ポチっと応援をお願いします。

にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村